チャンスとティアラ+ココテン

犬が嫌いだったオヤジの犬ブログ。バイクの話も少々。

シツケは必要ない?

最近、こんな本を買いました。

『シツケしなくても犬との生活を楽しめる』

 

内容は、

シツケの本を読み、先生にも習い、シツケ教室にも通っているにもかかわらず、良い子にならないと悩んでいる人も居れば

シツケのシの字もしないのに、なんの問題もなく犬と共に暮らしている人も居ます。

 

その違いは何なのか?

 

シツケは、昔、人が犬になにか仕事を手伝わせようと考えだしたものであり、作業の訓練でした。

一緒に暮らすためのものではなかったのです。

 

犬と人間の歴史は2万年と言われていても、それは犬を使いこなした歴史で家族として暮らした歴史ではないのです。

 

本当に家族の一員として心を通わせようとした歴史は、まだ数十年しか経っていないのです。

 

犬は喋りませんが心は通じます。もしかしたら言葉を発しない分だけ人間以上に心が通じるかもしれません。

 

心をつなぐことができれば、シツケをしなくても上手に暮らすことができるのです。

 

と、

 

ここまで、まえがきを読んで若干、思い当たることがありました。

 

ビーグルのチャンス先生は子犬の頃、ゴハンの前には必ずワンワン大騒ぎをしました。

この要求吠えをするたびに、ゴハンをしまい、ワンワンが止んだらまた用意する。

吠えなくなったらゴハンがもらえる。

これを学習したのですが、

15歳になりボケてきているのかゴハンの前にまたワンワン大騒ぎをするようになりました。

 

ボケてるから仕方ないのか!と諦めていた時に、娘が遊び半分で

『おなか減ったのー・・・』と何やら話しかけながギュウっと抱きしめてみました。

するとワンワンがピタッ!と止まったのです。

 

試しにワンワン吠え出した時にワタシも逃げようとするチャンス先生をギュウっと抱きしめたら吠えなくなりました。
(とてもイヤがってました。)

そして、おとなしくベッドに戻って寝て待っていました。

 

チャンス先生は

大事にされていると思ったのか?

抱きしめられてウレシかったのか?

心が通じたのでしょうか?

 

それとも

ワタシにギュウされるくらいなら

気持ち悪いから黙っていようと思ったのか?

20141218training-500

はたして

お爺ビーグルとお婆フラットに

こんな考え方が通用するものか?

 

読み進めて良い話があれば実践したいと思ってます。

『愛犬がいい子になる10のルール』より引用

 

ご褒美は

北海道産かぼちゃ玄米キヌアパフ

 

最後まで見て下さり
ありがとうございました。


犬ブログランキングに挑戦しております。 

画像をポチッとお願いいたします。
<(_ _)>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログへ
チャンス一家の応援よろしく~

 

PR 最先端のペットフード。クプレラ