チャンスとティアラ+ココテン

犬が嫌いだったオヤジの犬ブログ。バイクの話も少々。

抗がん治療はせずに緩和療法を選んだ理由。

 

 

ティアラのリンパ腫の進行度合いを末期と診た

かかりつけの先生は

 


抗がん治療するのなら途中で止めずに最後までヤル。

途中でやめるとイタズラに体力を落とすだけ。


もしヤルなら全身麻酔でお腹の深い部分に出来た

腫瘍の組織を取って病理検査する。


どんな種類のガンか確認してから使う抗癌剤を決める。


外科手術は神経が絡み合ってる箇所の腫瘍なので

半分も切除できないと思われるが可能な限り切除する。


次に、放射線治療を行う。


その後、週に2回から3回検査して状態次第で抗癌剤投与。

抗癌剤によっては漏れると足が腐るほどの毒性のものも

あるので全身麻酔をかけて投与する。


残された時間をほとんど治療に費やすことになる。

 

この選択ともうひとつ


緩和療法。


美味しい食事を食べてサプリメントなどで補助する。

残された時間をゆっくりのんびり楽しく過ごす。

痛みは可能な限り薬で取ってあげる。

 

私達家族は病院に行くだけでも緊張してストレスになる

ティアラを治療のみで残りの時間を過ごさせるという選択は

できませんでした。

 

ご自身がステージ3cのガンから生還して頑張っている方から

こんなコメントをいただき救われました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

我慢しなくていいわ。好きなもの好きなだけ食べなさい。

チャンス苛めなさい!(おいおい)

自由に生きなさい。

それで良いのよ。


人間は、なぜ辛いのか分かるわ。

でも犬はなぜ抗がん剤なんか打たれて辛いのか分からないの。

人と一緒にしないで良いのよ。


動物は生きてることが、本能で嬉しいの。

辛い理由が分からない治療なんか、彼女に対する裏切りだと思うわ。

以上。現役癌患者の独り言です。

ごめんね、パパさん。こんな極論しか書けなくて。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

そうだよな~

犬には治療の意味なんてわからないんだ。

そう思うと緩和療法の選択も悪くないと思えました。

 

そのティアラ姉さん

20160404-1-500

もうなんでもやってください。

 

ティアラ姉さんだけ特別待遇。

ゴハンもお魚を大量にトッピング

オヤツはいつもお魚や鹿肉。

20160404-2-500

 

先日、ティアラ姉さんが弱ってから

チャンス先生が普段は寝るときに

絶対寄って行かないのに痛いはずの

足の上に手を載せたり頭を載せたり

していました。

 

こんな感じで。

20160404-3-500

見ようによっては

手当をしているようにも見えます。

 

そして昨日のことです。

ココちゃんは寝ているティアラ姉さんの身体に

触れるなどということは怖くて出来ません。

 

それがティアラ姉さんの痛い足に

軽く手を載せているのです。

初めて見ました。

 

まるで元気を送っているかのようにも

見えるのです。

20160404-4-500

長らく家族やってると犬同士もなにかしら

痛みを和らげてあげようとしたりする気持ちが

湧いてきたりするのでしょうか?

 

ワタシは階段を上れなくなったティアラ姉さんと

危ういチャンス先生用にスロープを急ごしらえ

しました。

 

パークゴルフのコースではありません。

20160404-5-500

色まで塗ってられませんでした。

かなり緩い傾斜なのですがチャンス先生は

『止まらないのだー!』と

走りたくないのに走って降りてました。

 

チョット可哀想なのに

ゲラゲラ笑ってしまいました。

 

ティアラ姉さんに元気玉をお願いいたします。!

 

PR

北海道産手作りシカ肉ドッグフード
アレルギーの子や食の細い子のために作りました。