読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスとティアラ+ココテン

犬が嫌いだったオヤジの犬ブログ。バイクの話も少々。

亡くして初めてわかった。実は大切な相棒だったチャンス先生。

 

昨日はチャンス先生にたくさんの

コメントをいただきありがとうございました。

 

チャンス先生はママさんの作ってくれたお弁当と

好きだったバナナを持って空に旅立っていきました。

20160730-1-500

大好きメニューのお弁当

オニギリ、卵焼き、ラム肉、りんご

 

20160730-2-500

お弁当とバナナを抱っこして行きました。

 

 

 

チャンス先生の性格はワガママで

要求の度にヒンヒンワンワンと

じつに面倒で騒がしい犬でした。

ワタシはよく叱ってました。

20150718-6-500

 

 

 

だけどそれ以外静かにしていると

とても表情豊かで犬とは思えない顔。

 

控えめに見ても大きな目と耳が可愛く

16歳のお爺ワンには見えませんでした。

20150731-5-500

 

 

 

一時期は腰の神経が骨の異常で炎症を起こし

後ろ足とオシッコとウンチのコントロールが

できなくなっていました。

 

冗談で危篤のベテランなどと言えるほど

何度も危険な状態を乗り越えてきました。

 

今回も狭いサークルで行動を制限をすると

どんどん元気になって足もお漏らしも治りました。

 

やはりこの犬の生命力はただ事ではないと

感心していました。

 

朝ゴハンもしっかり食べて寝ていましたが

昼になってゴハンを食べず、水も飲まなくなり

庭に出たいというので連れて行くと動けなくなりました。

 

家の中に抱え入れて呼吸が乱れてから10分程度の間

何度か苦しそうに手足を突っ張っていましたが

呼吸が止まってしまいました。

 

予想もしない最期でした。

 

チャンス先生の性格上、

ギリギリまで寝たきりで生きて精一杯のワガママと

迷惑をかけて最期を迎えるだろうと思ってました。

20150711-5-500

 

 

 

そして20歳までは軽く生きてくれるだろうと信じていました。

病院の先生もまだまだ生きると思っていたようです。

 

こんな潔い、あっけない終わり方なんか

全然チャンス先生らしくないです。

そんな風にずっと思っていたので

チャンス先生が小さな箱に入ってしまい。


あのギョロギョロした大きな目とワンワンと

吠える声のない家はまったく変なのです。

 

ポッカリ穴が空いたような無力感。

16年間も一緒に暮らしてきたチャンス先生の

存在は予想以上に大きかったです。

 

ママさんも、ココちゃんもダメージ受けてます。

元気が無いです。

 

流石にティアラ姉さんに続きチャンス先生と

連続で旅立たれるとショックのようです。

 

ワタシにティアラ姉さんはなついていたので

息を引き取った時にはしばらく涙が止まりませんでした。

(父が亡くなっても涙は出なかったのに)

 

でもチャンス先生はなつくという性格の犬ではないので

もしが死んだら悲しくて涙の一粒くらいは落とすとかも

しれないけどダメージなんか受けるわけがないと思っていました。

 

だけど、

チャンス先生がいざ目の前で苦しそうにもがいて

息を止めてしまいそうになったときには、

叩いたり揺すったり大声出したりしてなんとか呼び戻そうと

必死になっていました。

 

だけど何度も苦しい思いを乗り越えてきても

こんな苦しそうな顔は見たことがありませんでした。

 

もう十分頑張ってくれた。

『チャンスもういいよ!』

何度か声をかけると呼吸は止まりました。

20160716-5-500

 

 

 

そして小さな箱に入ったチャンス先生は

もうどこにも居ません。

 

チャンス先生とは10年以上ブログを作ってきた

相棒なので一番ダメージを受けているのは

ワタシなのかもしれません。

 

ブログの写真ライブラリーを見ていると

実に変な顔をしたチャンス先生がたくさんあります。

20160615-50-500

チャンス先生メモリーを作ってみたい気もしますが

相棒を亡くしてしまったダメージが大きすぎです。

とても悲しいです。

 

ブログは少しお休みします。

 

愛犬のカイカイが止まりました。
hgf-d-300
穀物アレルギー、お腹の弱いワンちゃんに!