読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンスとティアラ+ココテン

犬が嫌いだったオヤジの犬ブログ。バイクの話も少々。

太って胆嚢炎、痛風、激ヤセ、また太った、これはマズイ断食だ!

健康

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ  

 

断食

デブだった自分

今年5キロの減量目標を立てて、逆に5キロ太りました。

痩せなければと思った瞬間から食べたくてどうしようもないこの心の矛盾。

 

振り返れば10年近く前、胆管に胆石が詰まり胆嚢炎を起こし激痛で声も出せない、動けない、地獄の苦しみを味わい救急搬送されました。

 

本当に声が出せずにリビングのソファから2階に寝ている家族を呼びましたが蚊の鳴くような声しか出せずに起こせませんでした。

 

仕方ないので手の届くところにあった携帯電話で救急車を呼びました。

救急車のサイレンで家族がビックリして起きてくると、私が呻いていてまたビックリというお笑いみたいな状態でした。

 

結局、後に胆嚢は手術で取ってしまいました。

石がまた詰まる可能性があると言われたためです。

 

でもそれは失敗でした。

石を薬で無くすことも出来たはずです。

胆嚢には石が何個かありましたが原因は暴飲暴食だとわかっていたのでそれを改善すべきでした。

(後に、できるだけ臓器は残すべきと思いました。)

 

この頃の写真を見ると元々細身の体型だったのに顔も含めて身体全体が丸くなってました。

身長が175センチなので体重も65キロくらいがベストなのに80キロまで太ってました。

立派なデブです。

 

これだけ太っていると血液検査の結果も良い訳がありません。

慢性的に中性脂肪やコレステロール、尿酸値、γ-GDP、などなど数値は最悪でした。

 

痛風発作発症


救急搬送された話の続きです。

 

胆嚢炎で入院中は絶食です。

というより食べると激しくお腹が痛みます。

(こそっと売店で買って食べて実証しました。)

 

一週間の入院、絶食で急激に体重も落ちて血液の状態も良くなったのでしょう。

それが逆に良くなかった。

 

常に高い尿酸値が急激に下がりそれが引き金になったらしいです。

 

退院する日になぜか親指の付け根が痛い。

家に帰ると、激しい痛みで足を床に着けません。

左足だったのでなんとか車を運転して病院に行くと『痛風』との診断。

 

強力な痛み止めの飲み薬と湿布でかなり楽になりましたが一週間はまともに動けませんでした。

 

まさに風が吹いても痛いことを実感。

 

それから痛風改善の食事を続け、元の食生活に戻すとまた痛風発作で激痛を味わう。

 

そんなことを繰り返しました。

 

ものすごい痛みなので流石に3回も発作を味わうと、もう結構。

食生活では基本的に美味しいと思われるものはすべてアウト。

じつに質素な日本食がメインで量も少なめ。

 

結果、63キロまで体重は落ちました。

10代のころの体重と同じです。

 

それから少しずつ食生活を元に戻していきました。

しかし、調子に乗って暴飲暴食すると痛みが出そうな気配。

予兆が分かるのです。

 

身体に暴飲暴食リミッターが付いてしまいました。

 

胆嚢を取ってしまうと。。。

よく言われることですが、脂っこいものが消化できなくなるので胸焼けしたり下痢したりすると聞きました。

 

手術してすぐはそんなこともなく普通に食べられるので不自由は感じませんでした。

 

しかし、年数が経過してくると大好きだった揚げ物などを食べると胸焼けしてすぐにゴチソウサマです。

 

これが胆嚢を取って失敗したと思った理由です。

 

胆石が原因で胆嚢炎になってもできるだけ胆嚢は残しましょう。

無くても良い臓器など無いのですから。

 

突然の断食開始

ここ最近は痛風発作にも出会わずに普通に食生活を送り、とてもよろしくないと言われるビールなどもいただいております。

 

すると調子に乗ってどんどん食べる量も増え、体重も増えてきました。

きっと胃袋も大きくなったことでしょう。

 

痛風発作を起こした頃の体重に着実に近づいています。

そろそろ痛風発作がやって来てもおかしくありません。

 

この食欲をどうしたものか?

食べ出すとどうしても量が足りない。

この大きくなった胃袋を縮めるにはどうしたら良い?

 

少しバタバタして昼食が遅くなり晩になってもお腹が減らない。

このまま寝てしまったら良いのでは?

という思いつきで断食スタート。

 

断食の経過


【月曜日】

昼から開始。体重は75キロを超えていました。

ここからお茶や水以外はなにも口に入れず。

 

【火曜日】

朝は犬と散歩して、いつもどおりの生活して就寝。

お茶や水以外は何も口に入れず。

食欲はあるけど我慢できる程度でした。

 

【水曜日】

朝、体重を測ると71.7キロ(3.3キロ減)

犬と散歩してタップリ積もった雪を除雪して汗をかく。

熱いお茶を飲むと突然の腹痛。

腹痛とともに吐き気と凄い冷や汗。
ポタポタ顔からとめどなく落ちるほどの冷や汗は初めて経験。

トイレに篭って出てくると更に体重が落ちてました。

71.2キロ(3.8キロ減)

流石に空腹を感じます。

冷水は良くないので白湯かお茶で誤魔化して就寝。

 

【木曜日】

朝の体重70.7キロ(4.3キロ減)

空腹で力が入らなくなってきました。

お茶を飲んで空腹をなんとか誤魔化します。

外出して戻ると夕方になったので3日間の断食終了。

 

断食の結果は?

体重が70.5キロ

4.5キロの減量になりました。

 

体調がとても良くなった感じがします。

デトックス効果があったのかもしれません。

 

早速、お粥と味噌汁をいただきました。

もーどんなゴチソウより美味しかったです。最高!

 

断食を終えた感想

体重が減ったのは単純に嬉しいです。

でも3日目の空腹感と脱力感は、なかなか辛かった。

ハードな仕事だと支障をきたすと思います。

初日はまだ元気なので金曜日から始める週末断食なら良いと思います。

減量の必要なスポーツ選手の気持ちが少しわかりました。

 

この断食で胃袋は小さくなってくれたでしょうか。

食べる量が少なくても満足できるようになれば自然と痩せられるはず。

どうかリバウンドしませんように。

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

はてなブックマークいただけるととても嬉しいです。

 

地中海式ダイエット!